2022年01月10日

着物の魅力

sumi さん

2022年新春のお慶びを申し上げます。
uchidenokoduchi_eto03_tora.png

日頃より会の活動にご支援ご協力いただき、誠にありがとうございます。
引き続き、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

長い間、着物なんて、動きづらいし脱いだり着たりが面倒・・・そう思っていました。
でもなぜか、街で見かける和服姿の人や、テレビの時代劇の和服姿が気になり、
目が釘付け。

思い返せば、学生時代の部活が日舞、そして母も着物が好きで・・・
母から受け継いだ着物や小物も多数あり、そんなこんなで、
昨年から着物の虫干しのつもりで、月に数回、踊りのお稽古に通っています。
syamisen_man.pngnihon_buyou_rensyuu.pngmusic_shinobue_woman.png
残念ながら、記憶力が衰えて踊りの振りはなかなか覚えられず、毎回苦戦してしていますが、着物に対する魅力に引き寄せられている今日この頃。ようやく、名古屋帯を一人で結べるようになりました!!

洋服と着物の違いは、前者は、S M Lなど大まかなサイズの立体的な布に、体を入れるというイメージ。対して着物の場合は、直線の布地を体にそわせて、ヒモで固定するというイメージです。

まず季節に合わせた模様や色合いで、着物を選びます。それに合わせて帯、帯締め、帯揚げの色を決めます。
fashion_kimono_tanmono.png
寒い時期は、羽織や道行コートも一緒に・・・このコーディネートが結構楽しい。
昔は、小物を着物と逆の色にした様、でも最近は同色を合わせるのが粋?

帯を締めると背筋が伸び、体幹が鍛えられる、腰痛予防にも良いとか・・・
とにかく、いつもと違った日常が味わうことができる和服、お勧めです。

次回は まーしー さんにお願いします。
posted by 練馬ぱそぼらん at 20:00| 会員紹介